2006年11月19日

SPI・SPI2問題1206

赤玉と青玉が合わせて104個ある。赤玉は青玉の2倍より4個
少ない。青玉はいくつあるか。

A.12個
B.24個
C.36個
D.48個
E.54個
F.60個
G.62個
H.A〜Gのいずれでもない




【解答】
答えはCです。

【解説】
青玉をxとすると、赤玉は104−xなので、
 104−x=2x−4
    3x=108
     x=36


posted by spi3 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | SPI問題 鶴亀算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

SPI・SPI2問題1161

あるフラワーパークの入場料は、大人が750円、子供は420円である。
ある日の入場者数は563人、入場料の合計は366,480円だった。
子供の入場者数は何人か。

A.88人
B.169人
C.210人
D.273人
E.300人
F.345人
G.394人
H.420人




【解答】
答えはBです。

【解説】
子供の入場者数をx人とすると、大人の入場者数は、563−x人となる。

750(563−x)+420x=366480
           330x=55770
              x=169(人)
posted by spi3 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | SPI問題 鶴亀算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

SPI問題1143

ある博物館の入館料は、大人が1000円、子供は700円である。
ある日の入館者数は427人で、入館料の合計は390,400円だった。
大人の入館者は何人か。

A.83人
B.122人
C.168人
D.210人
E.253人
F.286人
G.305人
H.367人




【解答】
答えはGです。

【解説】
大人の入場者数をx人とすると、子供の入場者数は、427−x人となる。

1000x+700(427−x)=390400
            300x=91500
               x=305(人)
posted by spi3 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | SPI問題 鶴亀算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

SPI問題1124

ジュースとパンを買うことになった。それぞれ1個の値段は、
ジュースが110円、パンが90円である。このジュースとパンを
合わせて35個買ったら、3450円だった。ジュースは何個買ったか。

A.15個
B.16個
C.17個
D.18個
E.19個
F.20個
G.21個
H.22個




【解答】
答えはAです。

【解説】
ジュースの数をx個とすると、パンは35−x個となる。

110x+90(35−x)=3450
          20x=300
            x=15
posted by spi3 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | SPI問題 鶴亀算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

SPI問題1104

数字が書いてあるカードを使って数字当てゲームをした。
1枚間違えれば2点引かれ、1枚当たれば5点もらえる決まりで、
50個の数を当てることにした。
その結果、152点を得た。数字を間違えたカードは何枚か。

A.12枚
B.13枚
C.14枚
D.15枚
E.16枚
F.17枚
G.18枚
H.19枚




【解答】
答えはCです。

【解説】
間違えたカードの枚数をx枚とすると、当たったカードの枚数は
50−x枚となる。
間違いの合計点は −2x点、当たりの合計点は 5(50−x)点
と考えると、

−2x+5(50−x)=152
        −7x=−98
          x=14(枚)
posted by spi3 at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | SPI問題 鶴亀算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

SPI問題1099

数字が書いてあるカードを使って数字当てゲームをした。
1枚間違えれば2点引かれ、1枚当たれば5点もらえる決まりで、
50個の数を当てることにした。
その結果、54点を得た。数字を間違えたカードは何枚か。

A.25枚
B.26枚
C.27枚
D.28枚
E.29枚
F.30枚
G.31枚
H.32枚





【解答】
答えはDです。

【解説】
間違えたカードの枚数をx枚とすると、当たったカードの枚数は
50−x枚となる。
間違いの合計点は −2x点、当たりの合計点は 5(50−x)点
と考えると、

−2x+5(50−x)=54
        −7x=−196
          x=28(枚)
posted by spi3 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | SPI問題 鶴亀算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

問題679  SPI対策問題

ある博覧会の入場料は大人680円、子ども340円である。ある日、1時間に480人の入場者があり、入場料の合計は234,600円だった。大人の入場者は何人だったか。

A 150人  
B 180人
C 210人
D 230人
E 250人
F 280人
G 300人
H A〜Gのいずれでもない


<解答679>
答えはCです。

大人の入園者をX、子どもの入園者をYとする
X+Y=480
680X+340Y=234600
この連立方程式を解いて
X=210、Y=270

登録はhttp://www.mag2.com/m/0000080242.html
提供はhttp://homepage2.nifty.com/pekinn/
posted by spi3 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | SPI問題 鶴亀算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

問題678  SPI対策問題

60円の柿と、110円の梨を合わせて30個買い、2800円出したところ、50円のおつりがあった。柿は何個買ったか。

A  4個  
B  5個 
C  6個 
D  7個
E  8個 
F  9個 
G 10個 
H 11個


答えはHです。

柿の個数をX、梨の個数をYとする
X+Y=30
60X+110Y=2800−50
この連立方程式を解いて
X=11、Y=19

登録はhttp://www.mag2.com/m/0000080242.html
提供はhttp://homepage2.nifty.com/pekinn/
posted by spi3 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | SPI問題 鶴亀算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

問題673  SPI対策問題

10円硬貨と50円硬貨が合わせて18枚ある。金額の合計が500円だとすると、10円硬貨は何枚あるか。

A 10枚  
B 11枚 
C 12枚 
D 13枚
E 14枚 
F 15枚 
G 16枚 
H 17枚


<解答673>
答えはAです。

10円硬貨をX、50円硬貨をYとする
X+Y=18
10X+50Y=500
この連立方程式を解いて
X=10、Y=8


登録はhttp://www.mag2.com/m/0000080242.html
提供はhttp://homepage2.nifty.com/pekinn/
posted by spi3 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | SPI問題 鶴亀算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。