2006年09月20日

SPI問題1151

2つのサイコロを同時に振って、目の合計が3以下になる確率はいくらか。

  1
A.―
  3
   1
B.――
  12
  1
C.―
  7
  1
D.―
  9
  2
E.―
  5
   5
F.――
  12
   2
G.――
  11
   1
H.――
  36




【解答】
答えはBです。

【解説】
サイコロの目の組み合わせは、 6×6=36(通り)

3以下になるのは、
 1・1  1・2  2・1  の3通り

               3     1
3以下になる確率は ――=――
              36   12


posted by spi3 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | SPI問題 確率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

SPI問題1139

十円硬貨を5枚同時に投げたとき、5枚とも裏になる確率はいくらか。

  1
A.―
  2
  1
B.―
  4
  1
C.―
  6
  1
D.―
  8
   1
E.――
  16
   1
F.――
  24
   1
G.――
  32
   1
H.――
  40




【解答】
答えはGです。

【解説】
                     1
十円硬貨が1枚裏になる確率は ―
                     2
         1  1  1  1  1   1
5枚なので、 ―×―×―×―×―=――
         2  2  2  2  2  32
posted by spi3 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | SPI問題 確率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

SPI問題1125

百円硬貨を3枚同時に投げたとき、3枚とも裏になる確率はいくらか。

   1
A.―
   2
   1
B.―
   3
   1
C.―
   4
   1
D.―
   6
   1
E.―
   8
   1
F.―
   9
   1
G.――
   10
   1
H.――
   16




【解答】
答えはEです。

【解説】
                     1
百円硬貨が1枚表になる確率は ―
                     2
         1  1  1  1
3枚なので、 ―×―×―=―
         2  2  2  8
posted by spi3 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | SPI問題 確率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

SPI 問題1118

袋の中に赤玉が6つ、白玉が9つ入っている。袋から5つ取り出すとき、
5つとも白玉になる確率はいくらか。


A.1/126
B.1/3
C.5/132
D.3/20
E.2/15
F.6/143
G.5/18
H.2/5




【解答】
答えはFです。

【解説】
15コの玉の中から5つ選ぶ組み合わせは、
        15×14×13×12×11
 15C5=―――――――――――――――=3003
          5×4×3×2×1

白玉9つの中から5つ選ぶ組み合わせは、
      9×8×7×6×5
 9C5=―――――――――=126
      5×4×3×2×1

                   126     6 
5つとも白玉になる確率は、――――=―――
                  3003   143
posted by spi3 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | SPI問題 確率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

SPI問題1096

百円硬貨を4枚同時に投げたとき、4枚とも表になる確率はいくらか。

  1
A.―
  2
  1
B.―
  3
  1
C.―
  4
  1
D.―
  6
  1
E.―
  8
  1
F.―
  9
   1
G.――
  10
   1
H.――
  16





【解答】
答えはHです。

【解説】
                     1
百円硬貨が1枚表になる確率は ―
                     2
         1  1  1  1   1
4枚なので、 ―×―×―×―=――
         2  2  2  2  16
posted by spi3 at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | SPI問題 確率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

SPI問題1082

百円硬貨を4枚同時に投げたとき、1枚が表、3枚が
裏となる確率はいくらか。

  1
A.―
  2

  1
B.―
  3

  2
C.―
  3

  1
D.―
  4

  2
E.―
  5

  3
F.―
  5

  3
G.―
  8

  5
H.―
  8




【解答】
答えはDです。

【解説】
4枚のうち必ず1枚が表になるので、
   1 4   1
 ( ― )×4=―
   2     4
posted by spi3 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | SPI問題 確率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

問題958

1円玉、5円玉、10円玉、50円玉、100円玉を同時に1回投げる時、
1枚が表で、4枚が裏になる確率を求めなさい。

A.  1/10
B.  2/13
C.  2/15
D.  3/17
E.  4/19
F.  4/23
G.  5/32
H.  6/35





【解答】
答えはGです。

【解説】
表、裏の出方は、全部で2×2×2×2×2=32(通り)
1枚が表で、4枚が裏になるのは、5通り。
よって、確率は、5/32となります。
posted by spi3 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | SPI問題 確率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

問題675  SPI対策問題

1円、5円、10円、50円を同時に1回投げる時、3枚が表で、1枚が裏になる確率を求めなさい。

A. 1/8
B. 1/4
C. 3/8
D. 1/2
E. 5/8
F. 2/3
G. 7/8
H. 5/6


<解答675>
答えはBです

【解説】表、裏の出方は、全部で2×2×2×2=16(通り)
    3枚が表で、1枚が裏になるのは、4通り。
    よって、確率は、4/16=1/4となります。


登録はhttp://www.mag2.com/m/0000080242.html
提供はhttp://homepage2.nifty.com/pekinn/
posted by spi3 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | SPI問題 確率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。