2008年05月20日

SPI・SPI2問題1723

2ケタの正の整数がある。その整数の十の位の数と一の位の数を
足すと14になる。また、十の位の数を入れ換えてできる数は、
もとの数より36小さくなる。もとの整数の十の位の数はいくつか。
 
A.3
B.4
C.5
D.6
E.7
F.8
G.9
H.A〜Gのいずれでもない





自己分析・診断
【解答】
答えはGです。

【解説】
もとの整数の十の位の数をaとすると、一の位の数は
14−aとなる。

 10a+14−a−{10(14−a)+a}=36
  10a+14−a−(140−10a+a)=36
                   18a=162
                     a=9


posted by spi3 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | SPI問題 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。