2017年12月06日

<問題1953> SPI・一般常識

0から3までの4枚のカードを使って3桁の数字を作るとき
300以上のものができる確率は?


A.1/6
B.1/5
C.1/4
D.1/3
E.1/2
F.2/5
G.3/5
H.答えがない

 答えはDです。

【解説】
分母=3×3×2=18通り
分子=1×3×2=6通り

就活生が感じるリアルな就活情報【就活ノート】
posted by spi3 at 19:22| Comment(0) | SPI問題 確率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。