2009年06月29日

SPI・SPI2問題1926

赤球5個、白球4個が入っている箱がある。この箱から同時に
2個玉を取り出すとき、両方とも赤球である確率を求めなさい。
 
A.1/2
B.2/3
C.4/9
D.1/5
E.5/18
F.5/9
G.13/18
H.A〜Gのいずれでもない





【解答】
答えEです。

【解説】
1回目の確率 5/9
2回目の確率 4/8=1/2

2回続けて赤の出る確率
 5/9×1/2=5/18


posted by spi3 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | SPI問題 確率 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確率の基本=条件の確立/全体確率が基本ですね?

まず全体確率
合計9個の玉の中から2個取り出すから
9C2=9×8/2×1=36

次条件の確率
これは地道に赤球ペアを考える図を書きます
○○○○○で○が被らないように数えると10パターンあります(中高でこんな図見ましたよね?)

以上の確率を計算して
10/36=5/18です!
まぁこんな解き方面倒だし無視していいです。
投稿者はこれを筆記落ちた後に思いつきました。
Posted by 白夜 at 2012年12月07日 13:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。