2009年06月25日

SPI・SPI2問題1924

長さ360m、秒速30mで走ってくる列車Aと反対方向から
時速129.6kmで走ってくる列車Bがすれ違う時間を測ったら
13秒だった。
来た列車Bの長さは何mか。

A.210m
B.340m
C.386m
D.432m
E.455m
F.498m
G.520m
H.A〜Gのいずれでもない





【解答】
答えFです。

【解説】
時速129.6km=129.6×1000/3600=秒速36m

全体の長さ 360+x(m)

(360+x)÷(36+30)=13
              x=858−360
              x=498(m)


posted by spi3 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | SPI問題 速度算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。